About Rcas

本プロジェクトの概要

本研究拠点では,これまで実績のある,①鳥類の生殖・免疫機構の解析②哺乳動物の生殖機能の解明と実用化技術開発③反芻動物において栄養成分で内分泌環境をコントロールする画期的技術を3本柱として,それぞれにおいて,基礎研究者とチームを組み,生物学および動物学における学術的価値の高い研究成果を得る.さらに産官との共同研究を通して,生産現場ニーズを吸い上げるシステムを構築し,新たな研究ユニットを構築して,生産現場のニーズをフルカバーする畜産・酪農技術開発拠点を形成する.

それぞれの研究ユニットには,国内外の共同研究機関と広島大学内の他部局の研究者が含まれ,一つ屋根の下「~Move under one Roof~」構想により,幅広い視点から研究を展開できる体制とする.