Publications

論文等の研究成果

2015年 論文および出版物

  • Nii T, Isobe N, Yoshimura Y (2015) The effect of estrogen on the early cytotoxic response to IB virus infection in hen oviduct. Veterinary Immunology and Immunopathology 164(1-2): 56-66
  • Yoshimura, Y (2015) Avian β-defensins expression for the innate immune system in hen reproductive organs. Poultry Science 94: 804-809
  • Kawai K, Korematsu K, Akiyama K, Okita M, Yoshimura Y, Isobe N (2015) Dynamics of lingual antimicrobial peptide, lactoferrin concentrations and lactoperoxidase activity in the milk of cows treated for clinical mastitis. Animal Science Journal 86(2), 153-158
  • Mohammed ESI, Igarashi Y, Isobe N, Yoshimura Y (2015) Effects of probiotics on the expression and localization of avian beta-defensins in the proventriculus of broiler chicks. Jurnal of Poultry Science 52(1): 57-67
  • Fukumori R, Sugino T, Shingu H, Moriya N, Kobayashi H, Yamaji K, El-Sabagh M, Hasegawa Y, Kojima M, Kangawa K, Obitsu T, Nagao Y, Taniguchi K, Kushibiki S. (2015) Effects of fat-enriched diet and methionine on insulin sensitivity in lactating cows. Journal of Animal Science 93(6):2778-2784.
  • Astuti A, Obitsu T, Sugino T, Taniguchi K, Okita M, Kurokawa Y. (2015) Milk production, plasma metabolite profiles and mammary arterial-venous differences of milk precursors in early lactation cows milked at different frequencies by an automatic milking system. Animal Science Journal 86:499-507.
  • EL-Sabagh M, Taniguchi D, Sugino T, Obitsu T, Taniguchi K. (2015) Insulin-independent actions of glucagon-like peptide-1 in wethers. Animal Science Journal, 86,385-391.
  • 沖田美紀・古川平哲・山下莉奈・爾見知保・豊後貴嗣・黒川勇三, 夏季暑熱が低密度飼養乳牛の飼料摂取行動、休息行動、自動搾乳システム訪問に及ぼす影響, Animal Behaviour and Management 51(3): 111-120 2015
  • Obitsu T, Hata H, Taniguchi K. (2015). Nitrogen digestion and urea recycling in Hokkaido native horses fed hay-based diets. Animal Science Journal 86:159-165.
  • Kuzuhara Y, Kawamura K, Yoshitoshi R, Tamaki T, Sugai S, Ikegami S, Kurokawa Y, Obitsu T, Okita M., Sugino T, Yasuda T. (2015) A preliminarily study for predicting body weight and milk properties in lactating Holstein cows using a three-dimensional camera system. Computers and Electronics in Agriculture, 111, 186-193.
  • Ghanem ME, Nishibori M (2015), Effects of season on plasma progesterone profiles in repeat breeding cows. Veterinarni Medicina, 60, 2015 (5): 227–234
  • Ogata Y, Hidaka T, Matzushige T, Maeda T (2015), Comparison of two biopsy methods in bovine embryos. Journal of Advances in Biology & Biotechonology, 2(1): 16-23.
  • 島田昌之, 山下泰尚, 排卵期における顆粒膜細胞分泌因子の発現・分泌制御機構とその生理的役割, 医学のあゆみ 249 (1), 11-17, 2015
  • Miyamoto J, Mizukure T, Park SB, Kishino S, Kimura I, Hirano K, Bergamo P, Rossi M, Suzuki T, Arita M, Ogawa J, Tanabe S. (2015) A Gut Microbial Metabolite of Linoleic Acid, 10-Hydroxy-cis-12-octadecenoic Acid, Ameliorates Intestinal Epithelial Barrier Impairment Partially via GPR40/MEK-ERK Pathway. J Biol Chem. 290(5):2902-2918.
  • Ohshima N, Kudo T, Yamashita Y, Mariggiò S, Araki M, Honda A, Nagano T, Isaji C, Kato N, Corda D, Izumi T and Yanaka N: New members of the mammalian glycerophosphodiester phosphodiesterase family: GDE4 and GDE7 produce lysophosphatidic acid by lysophospholipase D activity. J. Biol. Chem., 290:4260-4271.2015
  • Tanaka, S., Kawamura, K., Maki, M., Muramoto, Y., Yoshida, K. and Akiyama, T. (2015) Spectral index for quantifying leaf area index of winter wheat by field hyperspectral measurements: A case study in Gifu prefecture, central Japan. Remote Sensing, 7, 5329-5346. doi:10.3390/rs70505329
  • Yoshitoshi, R., Watanabe, N., Yasuda, T., Kawamura, K., Sakanoue, S.,Lim, J. and Lee, H.J. (2015) A preliminary study to predict the spatial distribution of dung from beef cattle in a slope-grazed pasture. Grassland Science, 61, 50-55. doi: 10.1111/grs.12077
  • Lim, J., Kawamura, K., Lee, H.J., Yoshitoshi, R., Kurokawa, Y., Tsumiyama, Y. and Watanabe, N. (2015) Evaluating a hand-held crop-measuring device for estimating the herbage biomass, leaf area index and crude protein content in an Italian ryegrass field. Grassland Science, 61, 101-108. doi:10.1111/grs.12083
  • Nara, I., Kawamura, K., Suwandana, E. and Sakuno, Y. (2015) Monitoring land use and land cover effects on water quality in Cheung Ek lake using ASTER images. American Journal of Environmental Sceiences, 11, 1-12. doi:10. 3844/ajessp.2015.1.12  
  • Kubiura M, Miura I, Tada M (2015) Chromosomal distribution patterns of global 5mC and 5hmC on the ZZ/ZW and XX/XY chromosomes in the Japanese wrinkled frog, Rana rugosa, induced by Tet methylcytosine dioxygenase enzymes. Chromosome Sci 18: 3-8

2015年- 国際会議等発表 

  • Nishikawa M, Yoshimura Y, Isobe N:Reaction of Cathelicidin-2 secreted from goats milk leukocytes to lipopolysaccharide. The 6th International Seminar on Tropical Animal Production (ISTAP) (October 20-22, 2015 Yogyakarta, Indonesia)
  • Isobe N, Hisaeda K, Koshiishi T, Watanabe M, Miyake H, Yoshimura Y:Changes in pathogen number during preservation of milk derived from mastitic dairy cows. The 6th International Seminar on Tropical Animal Production (ISTAP) (October 20-22, 2015 Yogyakarta, Indonesia)
  • Yoshimura Y, Ariyadi B, Isobe N:Antimicrobial peptides expression for defense system in chicken gastrointestinal and reproductive organs. The 6th International Seminar on Tropical Animal Production (ISTAP) (October 20-22, 2015 Yogyakarta, Indonesia) (招待講演)
  • S. A. M. Osman and M. Nishibori: Phylogenetic analysis of Egyptian native chickens based on mitochondrial DNA variations. The 1st International Conference on Native Chicken (Feb. 2015, Khon Kaen, Thai)
  • Keiko TAKEUCHI, Syuichi HAMADA, Yaetsu KUROSAWA, Masaru TAKADA, Satoru NIWATA, Takeshi Shimogiri, Hiroshi YASUE, and Masahide NISHIBORI; Genetic Structure and Diversity of Southeast Asian Native Pig Populations Analyzed Using SNPs. PAG in ASIA 2015 (June 2015, Singapore)
  • Watanabe R, Mitsumoto K, Yonenaka H, Hashimoto T, Kato N, Yanaka N: Transcriptomic analysis identities novel genes expression in response to choline deficiency in rat liver and in rat primary hepatocytes. The 12th Asian Congress of Nutrition (ACN2015) (May 14-18, 2015 Yokohama, Japan)
  • Sanada Y, Yamamoto T, Kanai S, Nishimura F, van de Loo F, Kato N, Yanaka N: In vivo imaging of adipose tissue inflammation by using Saa3 promoter activity. The 12th Asian Congress of Nutrition (ACN2015) (May 14-18, 2015 Yokohama, Japan)
  • Suidasari S, Zhang P, Hasegawa T, Yanaka N, Kato N: Effect of vitamin B6 on the expression of IGFBPs, anti-disease factors, in HepG2 cells. The 12th Asian Congress of Nutrition (ACN2015) (May 14-18, 2015 Yokohama, Japan)
  • Tsukuda Y, Miyachi Y, Hashimoto T, Kato N, Yanaka N: Maternal choline deficiency affects offspring health. The 12th Asian Congress of Nutrition (ACN2015) (May 14-18, 2015 Yokohama, Japan)
  • Uragami S, Suidasari S, Yanaka N, Kato N: Dietary supplemental vitamin B6 to a low vitamin B6 diet modulates gene expression of myokines in skeletal muscle of rats. The 12th Asian Congress of Nutrition (ACN2015) (May 14-18, 2015 Yokohama, Japan)
  • Miura I, Ogata M, Hasegawa Y, Ohtani H. A double sex-determining gene in the frog Glandirana rugosa. The 5th Asian Chromosome Colloquium. (29 April – 2 May, 2015. Bangkok, Thailand) (invited)
  • Matsubara, K, Gamble T, O’Meally D, Edwards M, Holleley C, Georges A, Sare S, Matsuda Y, Miura I, Deakin J, Zhang X, Livernois A, Zarkower D, Graves J, Azad B, Ezaz T Comparative genomics of sex chromosomes in amniotes: Lessons from reptiles. The 5th Asian Chromosome Colloquium (29 April-2 May, 2015. Bangkok, Thailand)
  • Kubiura M, Miura I, Tada M Intra-chromosomal distribution pattern of DNA methylcytosine and 5-hydroxymethylcytosin in mitogen-induced amphibian peripheral blood cells. The 5th Asian Chromosome Colloquium (29 April-2 May, 2015. Bangkok, Thailand)
  • Miura I A double sex-determining gene in the frog. IAE seminar, university of Canberra, (6th March 2015 University of Canberra, Canberra, Australia) (invited).
  • Miura I Functional analyses of Sox3 for sex determination in XY and ZW systems in the frog. Miniworkshop, (4th March 2015, University of Canberra, Canberra, Australia) (invited).
  • Yu G, Zeng S, Maeda T. (2015) Ovsynch enhances fertility of Holstein cows subsequent to early postpartum PGF2α treatment for uterine involution. International Symposium: Global approach to control of diseases and improvement of productivity in dairy cattle through the recent advance in nutritional, metabolic, immunological and genetic studies (13-14 Feb, 2015; Okayama, Japan)
  • Isaji C, Kudo T, Ohshima N, Yamashita Y, Araki M, Honda A, Nagano T, Kato N, Konishi A, Kishimoto K, Tatei K, Yanaka N, Izumi T: GDE4 and GDE7 produce lysophosphatidic acid by lysophospholipase D activity. 6th international conference on Phospholipase A2 and Lipid Mediators (PLM2015) (Feb 10-12,2015 Tokyo, Japan)

2015年- 国内学会発表

  • 新居隆浩・磯部直樹・吉村幸則:ニワトリ卵管子宮部粘膜の初代培養細胞における卵殻形成関連因子の発現に及ぼすIL-6の影響. 日本家禽学会2015年度春季大会(2015年 3月30日、宇都宮大学)
  • Mohammed E.S.I.・岡崎愛・磯部直樹・吉村幸則:ブロイラー消化管のLPSによるトリβ-ディフェンシン(AvBD)発現の誘導性に及ぼすプロバイオティクスの影響. 日本家禽学会2015年度春季大会(2015年3月30日、宇都宮大学)
  • 稲葉美月, Gong Z., 金 海, 川村健介, 後藤正和, 浅野敦之, 田島淳史, 石川尚人 「中国内蒙古草原における植物中総リン・総窒素含有率に及ぼす高水準のリン酸窒素施肥の影響」 日本家畜管理学会・応用動物行動学会合同2015年度春季研究発表会, 宇都宮大学峰キャンパス, 2015年3月30日
  • 上村尭・磯部直樹・吉村幸則: ニワトリ卵管における免疫関連分子の発現誘導に関わるTLR下流転写因子の同定. 日本畜産学会第119回大会(2015年3月28日-29日、宇都宮大学 )
  • 三浦千佳・吉村幸則・磯部直樹:Estradiolがウシ乳腺上皮細胞の抗菌因子およびアクアポリンの発現に及ぼす影響. 日本畜産学会第119回大会(2015年3月28日-29日、宇都宮大学 )
  • 西川萌美・吉村幸則・磯部直樹:ヤギ乳中白血球からのカテリシジンの分泌とそのリポ多糖に対する作用. 日本畜産学会第119回大会(2015年3月28日-29日、宇都宮大学)
  • 三浦千佳・吉村幸則・磯部直樹: ウシ乳腺における水チャネルおよび密着結合分子の発現に及ぼすEstradiolの影響. 平成27年度第65回関西畜産学会大会(2015年9月3日-4日、愛媛大学 )優秀発表賞受賞
  • 植田丈・吉村幸則・磯部直樹: リポ多糖の血中投与がヤギ乳房炎に及ぼす影響. 平成27年度第65回関西畜産学会大会(2015年9月3日-4日、愛媛大学 )
  • 上村尭・磯部直樹・吉村幸則: ニワトリ卵管の炎症性サイトカイン発現に関わるTLR3及び21下流転写因子の同定. 日本畜産学会第120回大会(2015年9月11日-12日、酪農学園大学)
  • 三浦千佳・吉村幸則・磯部直樹: Estradiolはウシの乳量を減少させ乳汁中の抗菌因子濃度を上昇させる. 第20回日本乳房炎研究会学術集会(2015年10月9日、国立科学博物館)
  • 西川萌美・吉村幸則・磯部直樹: ヤギ乳中白血球におけるカテリシジン-7の発現とそのリポ多糖に対する作用. 第20回日本乳房炎研究会学術集会(2015年10月9日、国立科学博物館)
  • 寺田 拓実・竹之内 惇・都築 政起・磯部 直樹・吉村 幸則: 異なる日本鶏初生ヒナの消化管粘膜に発現する抗菌ペプチド(トリβディフェンシン)の比較. 平成27年度第65回関西畜産学会大会(2015年9月3日-4日、愛媛大学 )
  • 磯部直樹・久枝啓一・輿石智子・渡部雅子・三宅肇・吉村幸則: 乳牛の高体細胞数乳汁における保存中生菌数の変化と抗菌因子との関係. 日本畜産学会第120回大会(2015年9月11日-12日、酪農学園大学 )
  • Kushibiki S, Hirabayashi H,Kawashima K, Okimura T, Ueno G,Asakuma S,Suzuki A, Isobe N, Obitsu T, Sugino T. Effects of nutrient levels in a far-off period on postpartum productivity of dairy cows. 日米畜産学会合同シンポジウム. 日本畜産学会第119回大会  (2015年3月29日、 宇都宮大学)
  • 呂 仁龍・EL-Sabagh M・小櫃剛人・谷口幸三・杉野利久・黒川勇三・川村健介. 牧草サイレージのクロロフィル関連物質含量に及ぼす施肥と生育時期の影響. 日本畜産学会第119回大会 (2015年3月29日、宇都宮大学)
  • 小櫃剛人・Astuti A・杉野利久・谷口幸三・黒川勇三・沖田美紀. 乾乳後期の飼料給与水準が自動搾乳ロボットでの乳生産成績に及ぼす影響. 日本畜産学会第119回大会 (2015年3月29日、宇都宮大学)
  • 黒川勇三・山下莉奈・野紳之助・吉田ひかる・沖田美紀・小櫃剛人・杉野利久. 乳牛の産次が周産期における血液性状と酸化ストレス、抗酸化能に及ぼす影響. 日本畜産学会第119回大会 (2015年3月29日、宇都宮大学)
  • 福森理加・杉野利久・新宮博行・小林寿美・長谷川喜久・児島将康・寒川賢治・長尾慶和・櫛引史郎. 泌乳牛への中鎖脂肪酸カルシウム補給に関する内分泌および代謝プロファイル変化からの解析. 日本畜産学会第119回大会 (2015年3月29日、宇都宮大学)
  • 林英明・佐藤利洋・江口麻夏・伊藤文彰・中島恵一・杉野利久・児島将康・寒川賢治・加藤清雄. ヒツジにおける唾液中グレリンの分泌動態. 日本畜産学会第119回大会 (2015年3月29日、宇都宮大学)
  • 杉野利久・ EL-Sabagh M・谷口 大・小櫃剛人・髙橋秀之・後藤貴文・谷口幸三. 去勢牛の肝臓メタボロームに及ぼすGLP-1とグレリンの影響. 日本畜産学会第119回大会 (2015年3月29日、宇都宮大学)
  • 竹内佳子、濵田秀一、黒澤弥悦、庭田悟、下桐猛、安江博、西堀正英: ミトゲノムと核ゲノムを用いたアジアのイノシシとブタとの遺伝的類縁関係 日本動物遺伝育種学会第16回年次大会(2015年11月 神戸大学)
  • 伊藤文香、大西諒貴、安江博、西堀正英: 生物圏に共存する動物を対象とした分子種判別法の検討およびその利活用 日本動物遺伝育種学会第16回年次大会(2015年11月 神戸大学)
  • 荒谷友美, 竹内 佳子, 濱田 秀一, 黒澤 弥悦, 庭田 悟, 下桐 猛, 安江 博, 西堀 正英: イノシシおよびブタにおいて経済形質と関連が報告されているSNPの分子系統学的考察 日本動物遺伝育種学会第16回年次大会 (2015年11月 神戸大学)
  • 伊藤文香、大西諒貴、安江博、西堀正英: 生活圏に生息する動物種を対象とした分子種判別法の利活用に関する研究 日本DNA多型学会第24回学術集会 (2015年11月 岡山大学)
  • 孫茜・江崎僚・堀内浩幸・前田照夫:オナガドリ胚盤葉細胞からのES細胞の樹立と保存に関する研究.日本家禽学会2015年度秋季大会(2015年9月10日、酪農学園大学)
  • 金井すみれ、真田洋平、山本岳史、加藤範 久、矢中規之. 心臓周囲の脂肪組織は心外膜マーカーを発現する日本農芸化学会2015年度大会(2015年3月28日、岡山大学)
  • 山本岳史、真田洋平、金井すみれ、加藤範久、van de Loo Fons A.J.、矢中規之.in vivo imaging による化学発光を指標としたDSS誘導性の新しい評価法の構築. 日本農芸化学会2015年度大会(2015年3月27日、岡山大学)
  • 呂仁龍・EL-Sabagh M・小櫃剛人・谷口幸三・杉野利久・黒川勇三・川村健介. 牧草中カロテノイドおよびクロロフィルのサイレージ調製に伴う変化. 2015年度日本草地学会信州大会 (2015年3月26日、信州大学)
  • 小倉振一郎, 八代田真人, 川村健介, Lim, J., Park, J.H., Moon, S.H.:韓国の山地放牧地における草地植生と放牧家畜の摂食植物. 2015年度日本草地学会信州大会, 信州大学農学部(南箕輪キャンパス), 2015年3月25-27日. In: 日本草地学会誌61(別), p. 122.
  • 川村健介, 小倉振一郎, 八代田真人, Lim J., Park, J.H., Moon, S.H. 「UAV空撮による韓国の山地放牧地における高解像度DEMの作成」2015年度日本草地学会信州大会, 信州大学農学部(南箕輪キャンパス), 2015年3月25-27日. In: 日本草地学会誌 61(別), p. 123.
  • 弓場憲生, 川村健介, 林 志炫, 吉利怜奈, 範 心硯 「放牧地におけるUAVオルソモザイク画像の位置精度の検証」2015年度日本草地学会信州大会, 信州大学農学部(南箕輪キャンパス), 2015年3月25-27日. In: 日本草地学会誌 61(別), p. 36.
  • 吉利怜奈, 川村健介, 林 志炫, 弓場憲生, 安田泰輔 「UAV空撮画像から放牧地の牛糞は検出可能か?」 2015年度日本草地学会信州大会, 信州大学農学部(南箕輪キャンパス), 2015年3月25-27日. In: 日本草地学会誌 61(別), p. 7.
  • Lim, J., Kawamura, K., Yoshitoshi, R., Kurokawa, Y. and Watanabe, N. "Mapping forage quantity and quality in Italian ryegrass field during growing season using proximal sensing" 2015年度日本草地学会信州大会, 信州大学農学部(南箕輪キャンパス), 2015年3月25-27日. In: 日本草地学会誌 61(別), p. 2.
  • Gong, Z., Kawamura, K., Ishikawa, N., Inaba, M. and Hai, J. "Spectral assessment on herbage biomass and nutritive status of typical and desert steppes in Inner Mongolia, China" 2015年度日本草地学会信州大会, 信州大学農学部(南箕輪キャンパス), 2015年3月25-27日. In: 日本草地学会誌 61(別), p. 3.
  • 間野聡美, 川村健介, 吉利怜奈, 玉木 徹, 菅井 駿, 池上 舞, 松井賢司, 黒川勇三, 小櫃剛人, 沖田美紀, 杉野利久, 安田泰輔 「乳牛臀部の3D画像を用いた体重および乳量の推定」 2015年度日本草地学会信州大会, 信州大学農学部(南箕輪キャンパス), 2015年3月25-27日. In: 日本草地学会誌 61(別), p. 8.
  • 安田泰輔, 杉田幹夫, 川村健介「Mean-ShiftとRandom-Forestを用いた草地植生図の作成方法」 2015年度日本草地学会信州大会, 信州大学農学部(南箕輪キャンパス), 2015年3月25-27日. In: 日本草地学会誌 61(別), p. 20.
  • 吉成悠佑, 板野志郎, 明珍 学, 渡辺也恭, 川村健介 「階層判別による3軸加速度センサーを用いた放牧家畜の行動推定」 2015年度日本草地学会信州大会, 信州大学農学部(南箕輪キャンパス), 2015年3月25-27日. In: 日本草地学会誌 61(別), p.97.
  • 三浦郁夫、尾形光昭、長谷川嘉則、大谷浩己: ツチガエルのXX-XY型およびZZ-ZW型性決定 日本動物学会第86回年会 (2015年9月19日 新潟)
  • 三浦郁夫、尾形光昭: カエルのW染色体の若返り 日本進化学会第17回年大会 (2015年8月20日 東京)
  • 尾形光昭、太田宏、丸野内淳介、Ezaz Tariq、三浦郁夫: ツチガエルの性決定様式が異なる集団間境界における個体群動態 日本爬虫両棲類学会第54回大会 (2015年12月5日 習志野)