Grants

 

主な外部資金 (2015)

  • 科学研究費補助金(基盤B) 鳥類卵管の抗菌ペプチドによる自然免疫機能の強化戦略,2013-2016年度(代表 吉村幸則)
  • 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究) ニワトリ消化管の抗菌ペプチドによる自然免疫機能とその強化への挑戦,2013-2015年度(代表 吉村幸則)
  • 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究) 過放牧自体が内蒙古草原の退行を cx引き起こした原因なのか,2013-2015年度(代表 石川尚人、分担 川村健介)
  • 科学研究費補助金 (基盤C) 暑熱下乳牛の飼料改善による抗酸化能向上はエネルギー効率低下抑制と両立するか, 2013-2015年度 (代表 黒川勇三)
  • 脳科学研究戦略推進プログラム「霊長類モデル動物の創出・普及体制の整備」 遺伝子改変マーモセットの汎用性拡大および作出技術の高度化とその脳科学への応用,2013-15年度(中核機関 実験動物中央研究所・佐々木えりか、分担 外丸祐介)
  • 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究) 細胞周期特異的局在性を利用した卵子特異的リプログラミング因子の網羅的探索,2013-15年度(代表 外丸祐介)
  • 科学研究費補助金(基盤B) 腸管における炎症に深く関わる免疫細胞の機能解析と腸管保護食品創製への展開,2013-2015年度(代表 田辺創一)
  • 科学研究費補助金(基盤C) ニワトリの肉質を支配する量的形質遺伝子座(QTL)の探索―DNA育種のために, 2013-2016年度(代表 都築政起)
  • 科学研究費補助金(基盤B,海外学術調査)カザフスタンの在来家畜とその近縁野生種の遺伝資源学的研究および放射線影響評価 2013-2015年度(代表 西堀正英)
  • 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究) より簡便・迅速・正確な分子種判別法の構築 2014-2015年度(代表 西堀正英)
  • 科学研究費補助金(基盤B) ゲノム情報に基づくニワトリ・ブタの家禽化・家畜化起源探索と遺伝的分化の解明 2014-2016年度(代表 西堀正英)
  • 琉球大学熱帯生物圏研究センター共同研究費(琉球大学熱帯生物圏研究センター) 琉球列島のみに分布するリュウキュウイノシシの由来と分布を形態学的および生物地理学的に解き明かす 2015年度(代表 西堀正英)
  • 在来家畜研究会学術調査補助金(在来家畜研究会) タイにおけるヤケイ家禽化の調査およびタイの研究者と協働する新たな在来家畜調査方法の模索 2015年度(代表 西堀正英)
  • ひらめき☆ときめきサイエンス(JSPS日本学術振興会) DNA鑑定でオスとメスを見分ける~ニワトリ胚の発生を観て,性別を診る~ 2015年度(代表 西堀正英)
  • 科学研究費補助金(基盤C) 発生工学的手法を用いた特別天然記念物「オナガドリ」の保全, 2013-2015年度(代表 前田照夫)
  • 科学研究費補助金(基盤B) クロロフィルから生じるフィタン酸による反芻家畜の代謝調節と生産物の機能性強化, 2014-2016年度(代表 小櫃剛人)
  • 農林水産業におけるロボット技術開発実証事業(研究開発) 栄養生理機能マルチセンシングによる搾乳ロボットを用いた精密飼養管理システムの開発,2014-2015年度(代表 畜草研・阿部啓之,分担 小櫃剛人・杉野利久・黒川勇三・磯部直樹・川村健介)
  • 農研機構「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業」(うち産学の英知を結集した革新的な技術体系の確立) 地域資源及びゲノム育種を活用した効率的な国産鶏の生産技術体系の確立,2014-2015年度(代表 伊藤直弥、分担 都築政起)
  • 科学研究費補助金(若手B) 精密な放牧管理に向けたUAV搭載ハイパースペクトルセンシング, 2014-2016年度(代表 川村健介)
  • 科学研究費補助金(基盤B) 東アジアの生物多様性の保全と家畜生産性/健全性の関係解明に向けた日韓協働研究,2014-2017年度(代表 小倉振一郎、分担 川村健介)
  • 科学研究費補助金(基盤C) 日本鶏における闘争性と摂食調節関連の遺伝子多型との関連 2014-2016年度(代表 豊後貴嗣)
  • 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)肥満白色脂肪組織の慢性炎症を非侵襲的に評価する,2014-2016年度(代表 矢中規之)  
  • 科学研究費補助金(基盤C)  抗菌因子の高濃度暴露による難治性乳房炎治療プログラムの開発,2015-2017年度(代表 磯部直樹)
  • 科学研究費補助金(基盤C) 性決定遺伝子の使い回しの分子機構 2015-2017年度(代表 三浦郁夫)