Grants

 

主な外部資金 (2013)

  • 科学研究費補助金(基盤B) 鳥類卵管の抗菌ペプチドによる自然免疫機能の強化戦略,2013-2016年度(代表 吉村幸則)
  • 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究) ニワトリ消化管の抗菌ペプチドによる自然免疫機能とその強化への挑戦,2013-2015年度(代表 吉村幸則)
  • 科学研究費補助金(若手研究A)早期生殖能力減退マウスの分子内分泌学的解析と家畜育種マーカーへの応用,2012-2014年度(代表 島田昌之)
  • 科学研究費補助金(新学術領域研究)卵巣および精巣局所因子の発現,機能解析による配偶子形成機構の解明,2013-2014年度(代表 島田昌之)
  • 科学研究費補助金(若手研究A)乳牛の栄養状態と潜在性疾病を検知する代謝性ホルモン感受性マーカーの探索,2011-2014年度(代表 杉野利久)
  • 科学研究費補助金(基盤C) 乳牛の乳腺免疫機能に及ぼす性ステロイドホルモンの影響に関する研究,2012-2014年度(代表 磯部直樹)
  • 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究) 過放牧自体が内蒙古草原の退行を cx引き起こした原因なのか,2013-2015年度(代表 石川尚人、分担 川村健介)
  • 科学研究費補助金 (基盤C) 暑熱下乳牛の飼料改善による抗酸化能向上はエネルギー効率低下抑制と両立するか, 2013-2015年度 (代表 黒川勇三)
  • 脳科学研究戦略推進プログラム「霊長類モデル動物の創出・普及体制の整備」 遺伝子改変マーモセットの汎用性拡大および作出技術の高度化とその脳科学への応用,2013-15年度(中核機関 実験動物中央研究所・佐々木えりか、分担 外丸祐介)
  • 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究) 細胞周期特異的局在性を利用した卵子特異的リプログラミング因子の網羅的探索,2013-15年度(代表 外丸祐介)
  • 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究) 高次脳機能研究モテデルとしての一卵性多子ニホンザルの作成,2013-14年度(代表 京都大学・岡本宗裕、分担 外丸祐介)
  • 科学研究費補助金(基盤A) ゲノミクスとセロミクスを用いた小児腫瘍の分子標的探索―がん幹細胞を標的として―,2012-14年度(代表 檜山英三、分担 外丸祐介)
  • 科学研究費補助金(基盤S) 次世代シークエンサーを用いた生殖系列のエピゲノム修飾とトランスクリプトーム解析,2010-14年度(代表 東京農業大学・河野友宏、分担 外丸祐介)
  • 科学研究費補助金(基盤B) 腸管における炎症に深く関わる免疫細胞の機能解析と腸管保護食品創製への展開,2013-2015年度(代表 田辺創一)
  • 科学研究費補助金(基盤C) ニワトリの肉質を支配する量的形質遺伝子座(QTL)の探索―DNA育種のために, 2013-2016年度(代表 都築政起)
  • 科学研究費補助金(基盤B,海外学術調査)カザフスタンの在来家畜とその近縁野生種の遺伝資源学的研究および放射線影響評価 2013-2015年度(代表 西堀正英)
  • 科学研究費補助金(基盤C) 発生工学的手法を用いた特別天然記念物「オナガドリ」の保全, 2013-2015年度(代表 前田照夫)
  • 科学研究費補助金(新学術領域研究) XY型とZW型システムにおける生殖腺性差構築機構の違い,2013-2014年度(代表 三浦郁夫)
  • 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究) XY型からZW型へ性決定機構の進化,2012-2014年度(代表 三浦郁夫)